クリアポロンによりイボはどの様な仕組みで治りケアがなされるのか?

年齢とともに肌にざらつきが生まれたり、小さなイボが出来たりというような症状を緩和することを目的にクリアポロンは誕生しました。

 

この記事ではイボがどのようにして出来、クリアポロンによって、どのような仕組みで治り、そして肌がケアされるのかを説明してみます。

 

イボができる原因

 

イボはなぜ出来るのでしょうか?

 

スベスベとした肌が小さなイボでザラザラになるのには当然ですが原因があります。

 

その原因ですが、次の2つが考えられます。

 

  • 摩擦
  • 紫外線

 

(1)摩擦

 

摩擦は肌と服擦れ合うなどの摩擦です。

 

どんなに軽い摩擦であっても擦れ合うことで間違いなく肌は傷ついています。

 

空気中には微細なホコリが数多く飛び回っていますが、人間の肌はこれらホコリとも絶えず摩擦を繰り返しており、少なからず肌はダメージを受けています。

 

肌は摩擦でダメージを受けるとその部分の脂肪が盛り上がることでイボが出来てくるのです。

 

 

(2)紫外線

 

紫外線が肌に悪影響を与えることは疑いのない事実です。

 

紫外線は肌の内部に入り込むため、メラニン色素は紫外線から肌を守りますが、シミとなって残ったりします。

 

また、皮膚は強い紫外線を受けることで破壊されるため、その時の刺激で細胞分裂が盛んになるため首イボの原因になるとも言われています。

 

 

次は、首などに出来たイボがクリアポロンを塗ることでどの様に治るのかを見ていきます。

 

 

クリアポロンでイボを治す3つのステップ

 

クリアポロンでイボを治すステップは次の3ステップです。

 

(1)肌の再生(ターンオーバー)促進

 

先ほど、摩擦や紫外線でイボが出来る事は説明しました。

 

肌は刺激によりイボだけでなく傷ついたりシミになったりしますが、大抵のものは一定の期間で消えます。

 

なぜ消えるかというと、肌の再生(ターンオーバー)が行なわれているからです。

 

このターンオーバーですが20代であれば28日周期で再生されると言われていますが、年齢とともにこの期間は長くなっていきますので、高齢になるほど傷やシミなどが治りにくいようになるのです。

 

クリアポロンではこのターンオーバーをサポートすることで、肌の再生を促しています。

 

また4つのイボケア成分が含まれていますのでターンオーバーによりイボがポロポロと取れることを促しています。

 

 

(2)肌内部のケア

 

ターンオーバーにより肌が再生されイボが取れたとしても、肌内部の水分が減っていれば乾燥により肌の張りは失われてしまいます。

 

そこで、クリアポロンには乾燥を防ぐ「プラセンタ」「ビタミンC誘導体」「アラントイン」などの美容成分が含まれているため、イボが無くなった後の肌をケアします。

 

更に5種類のヒアルロン酸が配合されているため、肌中に水分を蓄えることが出来るようになるためプルプル弾力のある肌を作り上げます。

 

 

(3)年齢肌のケア

 

年齢とともにターンオーバーの期間が長くなり、保湿効果をうむセラミドやヒアルロン酸も減少していきます。

 

クリアポロンでは既にお伝えしたように、ターンオーバーを促進し、肌内に潤いと弾力を与えるヒアルロン酸も成分に含まれています。

 

更に、3種類のセレミドやプロテオグリカンやパルミトレン酸が含まれているため年齢により減少する肌の生まれ変わりもサポートしていているのです。

 

 

まとめ

 

御覧頂いたように、クリアポロンには、肌を再生するターンオーバーを促進する成分だけでなく、肌内部から乾燥肌をケアし、更に年齢肌対策も考えられているため首のイボを取るだけでなく肌のケアも同時に出来るクリームとなっています。

 

⇒クリアポロン公式サイトはこちらから!